焦げつきにくいフライパンの選び方

焦げ付きにくいフライパンの選び方

自分にとって使いやすい物がベストです

焦げ付きにくい事を売りにしているフライパンは山ほどあります。 チタンコーティング、セラミックコーティング、ダイヤモンドコーティングなど、表面のコーティングも各メーカー工夫されています。 素材によって数千円で購入できるものから数万円するものなど値段も様々です。

おすすめリンク

フライパンで生活が変わる? 食材にはこだわるのに調理器具にはこだわっていないの?フライパンでアナタの生活が変わるかも

素材も色々なフライパン

料理をするのに調理器具の使い勝手は重要です。
食材が直ぐにくっついて焦げたりすると、味が落ちるだけでなくモチベーションも下がってしまいますね。

食材が焦げたりするのは、その人の料理の腕も影響するかもしれませんが、調理器具が優秀なら失敗のリスクは軽減します。

フライパンそのものが焦げ付きにくければ、脂の量も少量で済みますのでヘルシーですし、健康面を考えてもメリットがありますね。

家庭で使うなら、フライパンの表面に焦げ付きにくい加工がしてあるものが扱いやすそうです。
コーティングによって金額が変わったり、重さや色デザインも個性があるので、実際に商品を手に取って、重さなどがしっくりするものを選ぶと良いかと思います。

キッチン回りをスッキリ収納したい人には、ハンドルなどを付け替えて他の調理器具と重ねて収納できるタイプもあります。
料理の頻度や収納スペースなども考慮しながら総合的に使いやすいフライパンがおすすめです。

値段は手軽に数千円で購入できるものから、数万円するものなど様々です。
値段が高い方が強度は高い傾向にはあるようですが、使用しているうちにどうしても傷はつくので、劣化していきます。
半永久的に使えるものではない消耗品になるので、使用頻度と合わせて検討しましょう。
安い物で頻繁に交換する人もいれば、きちんと手入れをして良い物を末永く使いたいなど使う人の価値観も左右するかもしれません。

ガスコンロなのかクッキングヒーターなのかでもフライパンの素材との相性ある様なので、購入前にチェックが必要です。

値段も幅広いフライパン

スーパーで購入できる安価なものから、デパートや専門店でしか購入できない高級なものなど、金額も幅広いですね。 使用頻度や料理への意気込みによっても、どの位の金額がベストかは変わってくるかとは思いますが、1万円前後のフライパンが扱いやすく、長い間使えるという傾向にある様なので参考にしてみて下さい。

仕様は様々なので拘りで選ぶ

いかにもフライパンと言うものから、真っ白で今までのフライパンのイメージとは違うデザインのものなどデザインも様々です。 焦げつきにくいのは各メーカー工夫しているので、後はデザインが気に入った物を選ぶと料理を作る時のモチベーションが上がるかもしれません。